So-net無料ブログ作成
検索選択

中韓には弱腰なメディア  [死女神's Eye]

保守色を強めた自民党の政権公約に対して疑問を呈する日経の社説。
尤もらしい御託を並べてるが、要は中韓にビビってるだけ。
「尖閣常駐」や「竹島の日の政府式典」のことと合わせて
「教科書検定基準の見直し」についてまで「中韓との関係が一段と
冷え込むことになる」と指摘するのはあまりにナンセンス。

日本人を極悪非道の鬼畜の如く歪曲して吹き込んでいる奴等の熱心な
狂育にこそ抗議すべきなのに、向こうからの一方的な内政干渉を
許すつもりなのか。意味わからん。

無秩序な反日デモ(テロ)や領海侵犯が相次ぐ中でも「冷静な対応を」
「不用意に刺激すべきでない」「両国は双方に」と、結局最後は
いつも日本側をたしなめるかのような記事が多くて腹立たしい。

不条理な攻撃に大人しくしといては問題をデカくするだけってのは
いい加減学んだことのはずで、しっかり主張せにゃならんのに、
未だに中韓の顔色を伺う姿勢にお変わりなし。
付け入る隙を与えている原因の一端はこうしたメディアにある。

朝日じゃあるまいし、代表的な新聞社の筆頭がいつまでもこんな
調子では困りまんがな。


 
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。